地球に。社会に。四国明治ではさまざまな活動へ積極的に取り組んでいます。地球に。社会に。四国明治ではさまざまな活動へ積極的に取り組んでいます。

環境活動への取り組み

明治グループ環境理念

四国明治では、明治グループの一員として環境理念に沿った活動を推進しています。

明治グループ環境理念

私たち明治グループは、自らの事業が豊かな自然の恵みの上に成り立っていることを認識し、持続可能な社会の実現に貢献していきます。そのために、地球環境と事業活動との調和を図り、環境に配慮した企業経営を推進していきます。

省資源・省エネルギー化

四国明治は、本社・工場を中心に全社で省資源・省エネルギー化を進めており、3R(Reduce = 発生抑制・Reuse =再利用・Recycle = 再資源化)の考えに基づき、徹底した廃棄物の削減と、紙・廃プラスチック等の再生利用(有効利用)を行っています。

また、2010年秋には支店・営業所を含めた全社において「ISO14001」を認証取得し、その環境マネジメントシステムを運用して、「PDCAサイクル」を循環させ、永続的な環境保全に取り組んでいます。
小さなゴミ問題から国際標準規格まで、「できることはなんでもしよう!」が四国明治の環境問題への姿勢です。

具体的な取り組み

省エネ/CO2削減

  • コージェネレーションシステム(熱電供給)の導入や節電などにより、重油や電気の使用を減らす取り組みを行っています。
  • 節水によって、水の使用を削減しています。
  • 輸送効率を上げるため、配送車の適切な運用、見直しを常時行っています。

このドキュメントを開くにはAdobe Readerが必要ですGet ADOBE READER

REDUCE(発生抑制)

  • 包材の段ボール箱を廃止し、回転容器化を推進しています。
  • 排水処理の汚泥を乾燥化させ水分を減らすことで、減容化を図っています。
  • 宅配用のビンの軽量化をするとともに、表面を樹脂コーティングすることで寿命を延ばしました。また、軽量化により、輸送時の重量負担も軽減しています。

REUSE(再利用)

  • 宅配用のビンは、お客様から返却されたビンを洗浄・殺菌して再使用しています。

RECYCLE(再資源化)

  • 日切れ商品や排水処理の汚泥は、栄養豊富な肥料として再利用しています。
  • 使い終わった紙パックやコピー用紙などは、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどにリサイクルされ、その製品を本社や工場で使用することでループリサイクルを行っています。
  • ビンキャップは回収して、園芸用プランターなどにリサイクルされています。
  • その他廃プラスチック類も分別され、パレットや公園などの疑似木、固形燃料などにリサイクルされています。