牛乳から製品まで、すべての工程で安心と安全を。牛乳から製品まで、すべての工程で安心と安全を。

  • 牛乳ができるまで
  • 搾乳

    1搾乳

    牧場では、酪農家さんによって
    毎日乳搾りが行われています。

  • 受乳

    2受乳

    新鮮な生乳がミルクローリー車で
    香川工場に運ばれます。

  • 受入検査

    3受入検査

    運び込まれた生乳を検査し、
    合格したものだけを使用します。

  • 冷却・貯蔵

    4冷却・貯蔵

    生乳をろ過して不純物を取り除き、
    冷却してタンクに貯蔵します。

  • 清浄化

    5清浄化

    生乳を高速回転させ、
    遠心力で不純物を取り除きます。

  • 均質化

    6均質化

    生乳に含まれる脂肪球を細かくして、
    口当たりのなめらかな生乳にします。

  • 殺菌

    7殺菌

    130℃で2秒間加熱して殺菌します。
    殺菌後は一気に3℃まで急速に
    冷やします。

  • 貯乳

    8貯乳

    冷却しながら、大きなタンクで保管します。ここまでの過程を経て生乳は牛乳になります。

  • 充填

    9充填

    紙パックを組み立てながら、牛乳を充填します。

  • 印字・検査

    10印字・検査

    賞味期限を印字します。また、検査機で不良品の有無をチェックします。

  • ケース詰め

    11ケース詰め

    ゲーブルパック(1000mlの紙パック)の場合、12本単位でケースに詰めていきます。

  • 製品検査

    12製品検査

    製品に問題がないか、出来上がったものから製品を抜き取って検査を行います。

  • 冷蔵保管

    13冷蔵保管

    製品が出荷されるまで、
    冷蔵庫で保管し、管理します。

  • 出荷配送

    14出荷配送

    徹底して温度管理された保冷車で、
    製品をお店や学校へお届けします。